ボールを持って移動できないから使うスキルとは

2020年01月30日

バスケットボールという競技は、

ボールを持って走ることはできません。


しかし、

ボールを持っている感じでプレーすることで、

ボールを取られにくくすることができます。


ボールがとられにくい状況とは、

体とボールが同調している時です。

体の動きとドリブルが一緒(同調)になれば、

ボールはディフェンスから取られ辛くなります。


バウンドと体の動きが一緒であれば

全体も見えますし、

その後のアクションに対しても

先手を取りやすくなります。


つまり・・・ 

この記事の続きは無料でこちらから↓