すべてのバスケットボール指導者

コーチへ

私堀英樹は、

バスケット選手・指導者として様々な経験を積んできましたが

常に疑問を持ち、答えを探し続けています

そこで、このページでは

"常識"とされていることや、素朴な疑問について考察することで

あなたの指導に新たな視点を提供できればと考えています

バスケットボールという競技では

「最後は個人」

と言われることがありますが、

果たして本当にそうなのでしょうか?


チームスポーツとして考えられ

始まったのであれば、

最後もチームではないでしょうか?


残り時間が少ない時、

最後は個人の能力に任せるケースが

ほとんどです。


しかし、・・・

1対1のやり方がわからないと言う選手がよくいます。

これは若年層に多く見られます。


1対1は

個人技術ももちろん必要ですが、

「慣れ」
の部分が多くを占めます。

対峙の「感覚」

どれだけ自分の「感覚」として

取り入れることができているか・・・


オフェンスの目的は

シュートを入れることなので、

これといった1対1の形は存在しません。

スーパースターは

「必殺技=シグネチャームーブ」


という形がありますが、

それはかなり高いレベルの話です。

問題は、・・・

運動学的視点に基づいてお話します。

バスケットボールの技術には

「円」
もしくは「半円」の動作が

関係しています。

「弧」
に沿った動きであったりもします。


ボールゲームなので、

よりスムーズにボールを操るには、

保持した際に

この円動作をいかにできるかが

重要となります。


円を描く行為は

中心を取る、

中心を把握する行為ともいえます。


ボールは球体のため、

持ってすぐ中心を把握することは、

人間にとってとても難しいことです。・・・


堀 英樹

JBA公認B級コーチ養成講習会
ファシリテーター

アレセイア湘南高等学校
男子バスケットボール部
ヘッドコーチ
https://www.aletheia-bsk.com/ 

当たり前のことを当たり前と思わず、常に疑問を持ち続けることは非常に大事です。

指導に関する視点を変えるきっかけにしてもらえれば幸いです。

もっと読む


無料メルマガ購読


お待ちしています

作品や記事についてご質問などありましたら、何でもお寄せください。コメントを残したり、アイデアをシェアしたり、ただ覗いてくださったあとのご挨拶でもお待ちしています。